菓匠二宮(和歌山)/ 闘鶏まんじゅう 9個入り
5f12fb03ea3c9d0f77508949 5f12fb03ea3c9d0f77508949 5f12fb03ea3c9d0f77508949 5f12fb03ea3c9d0f77508949 5f12fb03ea3c9d0f77508949 5f12fb03ea3c9d0f77508949 5f12fb03ea3c9d0f77508949 5f12fb03ea3c9d0f77508949 5f12fb03ea3c9d0f77508949

菓匠二宮(和歌山)/ 闘鶏まんじゅう 9個入り

¥1,620 税込

送料についてはこちら

SOLD OUT

白い鶏は柚餡で、紅い鶏は梅餡のおまんじゅうが9個セットになったものです。 いずれも和歌山の名産を餡にしています。 ー 和歌山県田辺市の闘鶏神社の参道沿いにある 菓匠二宮さん。 闘鶏神社は、武蔵坊弁慶の父と伝わる熊野別当湛増が、源平合戦の際に紅白の鶏を戦わせ、白い鶏が勝ったことで源氏に味方すると決め、源氏が勝利するのに大きな役割を果たした伝説からその名が付き、勝負の神様として御利益があると言われています。 それを踏まえて、こちらの箱は、 トントン相撲で闘鶏ができる仕様になっています。 このおまんじゅう、当初の計画では、「田辺よいとこ」というネーミングのミルクまんじゅうでした。それだと、なかなか、売れるかんじがしないなと思い、「闘鶏まんじゅう」を思いつきました。闘鶏まんじゅうの形を考えるところや、味(和歌山の名産、柚子、梅をつかう案)も考えました。 梅餡は、難しいとのことでしたが、、そのハードルをどうにか乗り越え、発売できました。 私は、イラストレーター(デザイナー)ですが、こういうアイデアを考えるのも好きです。 ちなみに発売記念で、「とんとん闘鶏大会」も開催しました。 優勝者には闘鶏まんじゅう100個もしくはみたらしだんご100個という豪華景品つきでした。 https://www.instagram.com/p/BL4akDKjuzu/ ー 菓匠二宮は、昭和9年創業以来、地元に愛される和菓子屋さん。 先代から続く変わらぬ味を守り続けるために、素材や製法を変えずに和菓子を作り続けています。 https://www.amato-ninomiya.com/sweets/闘鶏まんじゅう.html ---------------------------------- 原材料名:赤饅頭(白餡、砂糖、小麦粉、水飴、梅ジャム、全卵、植物油脂、梅酒、練乳) 白饅頭(白餡、砂糖、小麦粉、水飴、植物油脂、牛乳、柚子、練乳、全卵) /ふくらし粉 内容量:9個(赤饅頭4個、白饅頭4個) 製造者:株式会社 二宮